今回の演目のあらすじ

能  安宅 勧進帳 滝流 (あたか かんじんちょう たきながし)
雪の吉野で静(しずか)と別れた義経(よしつね)一行は、姿を消しました。『玉葉』(ぎょくよう)では仁和寺に居た跡があり、鞍馬に潜んだ記録もあり『吾妻鏡』(あづまかがみ)では叡山(えいざん)より逃亡した報告もあります。元は熊野の山伏であった武蔵坊の先導で偽りの山伏(つくり山伏)となって北陸道を一路奥州に向かうとの設定は、自然な推量と云えます。すなわち『義経記』に取材した能「安宅」となるわけです。義経がつくり山伏となって奥州へ向かうとのうわさを知るワキの富樫は、関を通る山伏に言いがかりをつけ誅殺しようとします。シテ弁慶は東大寺再建の勧進を勧める「勧進帳」を持っているかの様に富樫をたばかろうとします。結果は明快です。ごゆっくりお楽しみください。(勝部記)

能  杜若 恋之舞(かきつばた こいのまい)
諸国を巡る僧が、三河の国に着き、美しく咲き乱れる杜若を眺めていると、美しい女性が現れます。
その女性は、かつて在原業平が杜若の名所である八橋で杜若を愛で、歌の句の上にその名を置き「唐ころも 着つつなれにし つましあれば はるばるきぬる 旅をしぞ思ふ」と言う歌を残した事を語ります。
僧を自らの庵に招くと、女性は優美に装いをととのえ、この歌に詠まれた杜若の精であることを明かします。そして和歌の力により非情の草木までもが救われる喜びや、伊勢物語で語られる業平の恋の歌を引用しながら舞を舞うという幻想的なお話です。
恋之舞は、水面に姿を映し昔を恋慕い、業平の面影を懐かしむ姿を特殊な演奏により魅せる演出となり、みどころの一つとなります。
初夏に咲き誇る杜若の幻想的な美しさを感じて頂けたらと思います。(立花記)

狂言 仏師 (ぶっし)
新しく堂を建立した田舎者がそこに安置する仏を買いに上京する。それを知ったすっぱ(詐欺師)は仏師になりすまし、等身大の吉祥天女を明日までに作ろうと約束する。すっぱは自分で面を着けて仏となり、仏と仏師の両方を演じ分ける。印相を直してくれという田舎者の注文のたびに、仏師になったり仏になったりするが、注文がたび重なり、結局、見破られてしまう。(『能狂言必携』より)

能  小鍛冶 黒頭(こかじ くろがしら)
一条天皇の命により、勅使の橘道成は、刀匠として名高い三條小鍛冶宗近に、剣を打つように命じます。一緒に剣を打つ相槌の者がいないと悩む宗近の前に現れた不思議な少年(童子)。剣にまつわる話を引き合いに出し、宗近を励まし、自分が相槌を引き受けると言うのですが…。
祭壇で礼拝する宗近の前に現れた稲荷明神のご神体。狐の精霊の姿のその明神は、相槌をつとめ、宗近は無事に剣を作り上げます。剣の表裏に二人の銘を入れ、明神は雲に乗って稲荷の峯に帰っていきます。
一曲の展開が素早く非常に変化に富み、祝意に満ちた人気曲です。歌舞伎や文楽にも取り入れられる名曲で、昨今の「刀剣ブーム」にも大変ふさわしく、「剣の神々しさ」が表現されています。(林本記)